気仙沼は、宮城県の北東部に位置し、太平洋に面したまち。日本有数の漁港、気仙沼港があります。遠洋漁業の基地港としても栄え、国内外問わず多くの人が訪れてきました。そのせいか、気仙沼の人はオープンで温かい。新しいまちづくりにあたり「都会の真似はしない」と独自路線を貫き、2013年には日本唯一の「スローシティ」として認定を受けました。世界への発信力もこの町の強み。新しい日本のカタチはここにあるのかもしれません。

気仙沼市の市長メッセージ

宮城県 気仙沼市長 菅原 茂 さん

復興支援のために、都会から多くの人が気仙沼を訪れてくれています。中にはこのまちに移住を決意してくれた方もいる。本当にありがたいことです。地元の頑張りだけでは乗り越えられない壁がある。でも、外から来る人の力は、その壁を乗り越え、この地域の魅力をさらに引き出してくれます。「海と生きる」これが気仙沼に生きる私たちのアイデンティティ。この想いを胸に、元あった気仙沼に戻すのではなく、さらなる発展を見据えたまちづくりを進めていきます。目指すのは、『地方にある世界の港』。新しい未来へ向かって、さまざまな挑戦がはじまっています。

市長インタビューはこちら
attraction_02_img_01


<スローシティ>
豊かな自然、海・山・川・里。大切に受けつがれてきた豊かな食文化。美しい景観とそこで営まれる人々の暮らし。こうした地域の個性を重視したまちづくりを進めてきた気仙沼。その取り組みが高い評価受け、2013年に日本で初めて「スローシティ」に認定されました。

 

attraction_02_img_02<カツオ水揚げ日本一>
このまちのエンジンは、なんといっても港にあります。日本有数の港、気仙沼港。漁業の繁栄がまちの発展を支えてきました。カツオの水揚げはここ気仙沼が日本一。震災前から変わらず、トップの座を守り続けています。

 

attraction_02_img_03<おもてなし>
気仙沼は遠洋漁業の基地港としても有名。世界の海からもたくさんの船がやってきます。そのため、外からの人をおもてなす文化が自然と育まれてきました。気仙沼に来て地元の人とふれあえば、このまちの心地よさを実感するはずです。

 

気仙沼市の先輩の声

加藤拓馬

加藤 拓馬さん

「ないものねだり」から「あるものさがし」へ。気仙沼を、唐桑を、地方再生モデルケースに。

布田真也

布田 真也さん

復興に向かう気仙沼の経済のエンジンとして、新たなチャレンジを支援したい。

松井崇憲

松井 崇憲さん

気仙沼の復興が、日本全国の水産業の発展につながるように。

気仙沼市の募集企業

気仙沼市の生活情報

新たな挑戦に取りくむにあたって、生活情報は知っておきたい貴重な要素。気仙沼市内には手に届く範囲に生活に欠かせない施設が揃っています。

気仙沼市のアクセス

鉄道

<東京駅から>
東京駅⇒一ノ関駅 約160分
一ノ関駅⇒気仙沼駅 約75分

バス

<東京から>
けせんライナー 池袋・上野・秋葉原⇒気仙沼市役所 約7時間

飛行機

<各地~仙台空港>
成田空港⇒仙台空港 約60分
名古屋空港⇒仙台空港 約75分
関西空港・伊丹空港⇒仙台空港 約95分

<仙台空港~気仙沼>(車)
仙台空港⇒(仙台東部道路・三陸自動車道・国道45号)⇒気仙沼 約3時間

  • facebook
  • twitter
ページトップへ