イノベーターインタビュー 御手洗 瑞子 さん
  • Profile

    御手洗 瑞子 さん

    東京出身、東京大学経済学部卒
    マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て2010年から1年間ブータンの初代首相フェローとして観光産業発展に貢献。
    帰国後、一時期マッキンゼーに復職し復興支援プロジェクトに携わり、2012年から糸井重里事務所主宰の「気仙沼ニッティングプロジェクト」リーダーとして活躍。2013年に株式会社気仙沼ニッティングを設立し代表取締役に就任。宮城県気仙沼市から高品質の手編みセーターやカーディガンを全国へ届けている。

    気仙沼ニッティングHP http://www.knitting.co.jp/

 

inno1_3

三陸に「編み物」という今までになかった産業を生み出した会社があります。宮城県の気仙沼を拠点として、最高級の手編みニットをつくる「株式会社気仙沼ニッティング」立ち上げたのは、マッキンゼー出身の御手洗瑞子さん。
現在は気仙沼の地元のお宅に下宿をしながら、東京と気仙沼を往復する生活を送っています。数々の組織改革や戦略立案を手がけ、日本を飛び出して海外勤務まで経験した御手洗さんが、次の舞台としてなぜ三陸を選んだのでしょうか。なぜ編み物の会社を立ち上げたのでしょうか。漁師のまち・気仙沼で、お話を伺ってきました。

inno1_5

「若い人が入ってきて、新しい会社が立ち上がって、地域が元気になる。それが東北で実現できたら、多くの課題を抱えている日本の地方都市のモデルになります。そのために今、自分の力を東北に注がなければ、後悔すると思ったのです」
人口減少や産業の衰退―。日本の地方都市、どこもが抱えている課題。御手洗さんが三陸で起業した理由は、それらの課題を乗り越えた新しい都市を自らの手でつくるためでした。そのためには、持続する魅力的な会社をつくることが必要だと御手洗さんは語ります。
「被災地の品だから買ってください、では通用しません。本当にいいものをつくることができる自立した会社でなくては」気仙沼ニッティングの商品第1弾、オーダーメイドニットは、なんと1着14万円(税抜)。高額ですが、購入は抽選になるほどの人気ぶりです。商品として編み物を選んだ理由は、漁師のまち気仙沼には、もともと漁網を編むという風習があり、編むという行為が地域に根付いているから。気仙沼のおかみさんたちのポテンシャルをうまく活かしているのです。
「これからの地方都市に必要なのは、持続的に稼げる自立した会社です。気仙沼ニッティングは、そのロールモデルとしての役割も担っています。だから、気仙沼ニッティングはなんとしても成功しなくてはいけないのです」
気仙沼ニッティングは、世界に認められるブランドを目指しています。そのためには、一切の妥協を許しません。日本の地方都市の産業が、世界と戦う。御手洗さんの目に映っているのは、復興した東北ではなく、日本の未来の姿でした。

inno1_7

気仙沼ニッティングが目指しているのは、「雇用をつくる」ということにはとどまりません。そこで働く人の「誇り」を重視しています。 「東北に入ったばかりの頃、“仕事がない状況は、ときに人の自信や誇りを奪う”ということを痛感しました。外からの支援や失業保険で生活できるから良いというものではありません。人間にとって仕事は、尊厳の源です。人が健全でいるためには“仕事をし、役に立っている実感”が必要なのです」気仙沼ニッティングでは、働く人が誇りを持てる仕事をつくっています。編み手さんたちは仕事への誇りがあるから、技術の上達のために努力を惜しみません。少しでもおかしいところがあったら、何度でもほどいてつくり直します。気仙沼ニッティングの素晴らしい技術を支えるのは、そんな編み手さんのプライドなのでしょう。

「東北のようなチャレンジングな場で仕事をすると、圧倒的に強くなります」課題が山積みな地域で、地元の人と外の人とが混ざり合う今の環境を、御手洗さんはチャンスだととらえています。「気仙沼はもともと遠洋漁業のまち。だから外から入ってくるものに、抵抗が少ない。新しいことを受け入れてくれるし、新しい人も歓迎してくれる」気仙沼ニッティングが目指すのは、最高の編み物をつくっている場所として、気仙沼が世界中に知られるようになること。気仙沼と聞いた人が、震災ではなくて、編み物を連想する。そんな世界を目指しています。2年目を迎えた気仙沼ニッティング。最初は4人しかいなかった編み手さんも、今では30人を超えました。先日、初年度で黒字を出して、気仙沼に納税できるという嬉しい出来事もありました。確実に、夢にむかって進んでいます。気仙沼が「最高のニットをつくるまち」として世界に知れ渡る日は、そう遠くないかもしれません。

inno1_10

interview_01_img_03

  • facebook
  • twitter
ページトップへ